シンガポール ゴキブリ侵入経路撃退

高層階であっても、悩まされるアリとゴキブリ😭

コンドミニアムをかわるたびに、どちらかに悩まされます。

ゴキブリで、効果があった撃退方法をいくつか書いてみました。

ダストシュートを塞ぐ

これ、すでにテープで隙間を埋めている方が多いのではないでしょうか?
これを行なって、効果があったお話も聞きます。
でも、わが家には、ほとんど効果がなく、
そして、ダストシュートが使えない不便さにストレスが生じておりました。
(ダストシュート、日本にも作って欲しいと願うほど、便利なんですもの)
 

ゴキブリホイホイ

「ゴキブリホイホイ様」シンガポールでも購入できることを、ありがたいと思います。
(私は、サマセットのドンキさんで購入しています。)
罠にかかってくれるので、ある程度、効果はありました。
見かける回数が減りました。
でも、完全に見かけないとまでとはいかない、、、。
 

侵入経路遮断

これが、一番効果がありました。
もうGの姿を見かけることはなくなりました。
ローカルの友人に「G対策」を聞いたら
とにかく侵入経路を遮断する
と、全員が答えました。
あたりまえといえば、あたりまえですが、入って来れないようにすれば、家の中にGは入れないですものね。
「Gの侵入経路って、どこなんだろう?」
私の思いつくだけでは足りないかもと思い、友人達が教えてくれた侵入経路を全て遮断してみました。
 

排水口

キッチン、洗濯機の近くに小さな穴が開いた排水口を見かけませんか?
ここを養生テープで、塞ぎました。
 

Gをよく見かける場所の近くの窓をこちらも養生テープで、目張りしました。
(テープの跡が残ると、退去時に修理代がかかるため、塗装が剥げないように素材を確認してから行なってください)

この目張り、窓が開けられなくなるのが、残念ですが、シンガポールの窓って隙間があるので、侵入経路になってしまっていました。

流し台の排水口

少量の水なら泳げると聞きます。

夜中や朝にGをキッチンで見かける場合は、流しの排水口が侵入経路のことが多いとか。

寝る前に流しの排水口を閉じています。

排水口の網を強く下に押し込むと閉じることができるタイプが多いです。
もしくは蛇口の近くのレバーを押して、排水口を閉じます。

流しの近くの床にも、小さな穴がたくさん開いた排水口が必ずありますので、こちらも合わせて養生テープで塞ぐと効果的です。

玄関下

これは、入居した時にすでに貼られていることも多いです。

玄関ドアの下にブラシもしくはテープが貼られていて、虫が入ってこないように対策済みのお部屋もあります。

このテープは「Door Gap Blocker」という名前で、$15くらいで、LazadaやAmazonで購入できます。

シンガポール国内ではなく、中国などから発送されている商品もあるので、配達日数や配送料をご確認の上、ご購入を検討してみてください。

見かけなくなりました

それぞれの部屋によって、異なると思いますが、
うちは「侵入経路遮断」が、効果的でした。

ダストシュートも使っていますが、

もうGに遭遇することはなくなりました。

お悩みの方の参考になりますと、嬉しいです。

何をやっても効果がない

ローカルの友人達からは、何をやっても効果がない場合は
害虫駆除業者
が、おすすめでした。

借りている部屋のオーナーが、費用を負担してくれることもあるので、Gをよく見かける場合は、入居したら早めに(契約では1ヶ月以内のところが多いらしいです)エージェントへ相談してみると、対処してくれるかもしれません。

友人宅は、アリが室内にたくさんいて、落ち着いて料理もできないため食事もままならず、エージェントに相談したら、3〜4ヶ月に一度、業者が来てくれるように手配してくれたそうです。

エージェントに相談する場合は、入居してすぐにがいいです!

入居して月日が経ってしまうと、食べ物や掃除の管理がよくないと、言われてしまうこともあるそうです。

最新情報をチェックしよう!

シンガポール生活情報の最新記事8件